July 22, 2008

Pageant of the masters

38175658.jpg夏風邪ひいて1週間寝込んでました。皆さんいかがお過ごしですか?

1年前から予約しておかないと見れないという「Pageant of the masters」というアートショー(or パフォーマンス)に行ってきました。

一枚の絵や、彫刻の一部に本物の人が入っているというもの。

生演奏とおもしろ司会と共に一枚の絵を眺めるわけですが、まったく本物か偽物かわからない有様。

光とメイクの技術でまったくの立体感がなくなったり、本物の銅やマーブルのような質感をメイクで出して彫刻になっていたりするわけです。

いやー感動。面白いショーでした。

ぜひ機会があったら皆さんも見に行ってみてください。ブランケットをお忘れなく!


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by オダリン   July 23, 2008 07:53
うひょ!面白そうだね〜。
でもここまで顔がメイクされてると、別に人じゃなくてもいい気がするな・・・。
トイレとかどうするんだろ??
2. Posted by あや。@ロス   July 23, 2008 09:09
>オダリン

>別に人じゃなくても
(||゚Д゚)それを言っちゃあかんw

何個か、作る過程見たいなのも見せてくれたけど全然最後の最後で、絵(背景)に乗るだけで、それ以外は別にうろうろできそうな感じだったよ。一人、一般人も飛び入り参加させられてたしw
あんびりーばぼーで紹介してたらしいよ。(会社の同僚談

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
プロフィール

あや。@ロス
出身地:鹿児島
生息地:カリフォルニア
続きを見る >>