August 09, 2014

病院のお話

ちょっと前、旦那さんがバスケをやっている間に、一緒にプレイしていた女の子の顔にエルボーが直撃!で、鼻の骨が折れてしまいました(´・ω・`)

するとなんだか、保険がないとのこと。

怪我をさせてしまって心苦しいので、夜8時までにいけば保険がなくても対応してくれるというUSC-LACのERへ連れて行きました。

しかーーーーし、深夜2時まで待たされたのにも関わらず、外科の先生が今いないからと門前払いされてしまったのです。

色々相談して、彼女は日本に一時帰国という形を取り、日本のスバラシイ保険で無事治して帰ってきました。


・・・その後日談。

その門前払いをしたUSC-LACからなんと、2000ドルの請求が!

内容は、OP SERVICESとのこと。なんだそりゃ!

実はわたし、9年位前に、ここの病院で全くお金がないときに無料で手当をしてもらったことがあるのです。お薬は後日、病院の横にある小屋みたいなところで学生だっていう証明を出すとそれも無料になりました。

・・・(´・ω・`)なにか変わってしまったのか?でも病院側にも確認を取ったけど、無料だってゆってたぞ!><;

今、まだ彼女はその請求が不当請求だと訴え続けて病院と戦っています。

どうかどうか、うまくいきますように(人ω・`)




ほんとに、いかに日本の保険がスバラシイか認識させられる出来事でした。・・・アメリカは、おっきな病気にならないように、事故に合わないように祈るしかない医療制度ですね。。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
プロフィール

あや。@ロス
出身地:鹿児島
生息地:カリフォルニア
続きを見る >>