June 03, 2020

人魚、初恋、ロケット、誰も、夜更けに、50回目

えいが。れびゅー。再び、再び。

人魚人魚の眠る家

心臓が止まった時しか死亡判定はしない日本特有の決まり。脳死で死とするかどうか、臓器提供を決めた親族のみに選ぶ権利が生まれる。

子を持つものとしては、悲しすぎて辛い設定だった。

看病し続けるのは、とても大変なことだ。あんなに過激な愛情がないと続かないのかもしれない。「ありがとう、嬉しかったよ」という言葉で本当に救われたのだと思う。

臓器提供をしよう!という強いメッセージがこもったおまけのようなラスト。

いやーそれにしても、子役がみんなスゴイ




ちび初恋〜お父さん、チビがいなくなりました

私もこんな親父さん、離婚するわ 笑

うちにも猫がいて、お母さんの気持ちが分かりまくり。心配だろうなぁ。探すの一緒に手伝いたいっっっ!お父さんも手伝いなさい!💢

でも、将棋を教えるときは金のポーズ〜銀のポーズ〜。
可愛い。

離婚と聞いて、大集合する子供たち。幸せそうではないか。

毎日おんなじ弁当に飽きない!という。

自分に認知症の症状が出ていても、チビで頭がいっぱいのお母さんに怖さを伝えることが出来ない。

あれれ、お父さんの深い愛に気づいてしまったよ。

「お母さん、あれ見て」と何気に手と手を取り合う。じーん。

女の人は、ストレス発散にしゃべりまくり、男の人は黙り込むんですってね。まさにそんな夫婦像でした。

結婚をしない!と決めた娘との対比も面白かったです。

チビがいなくなって、お父さんの「好き」が聞けてよかったね。

氷川きよし風の男の子が、なかなかそれっぽくて良いw




ロケットロケットマン

いきなりミュージカルが始まる系の映画が苦手だったんですが、克服したのかな・・。子役の透明な歌声にうっとり。

曲中、急におっさん(タロン・エジャトン)になって、ああーもっと子役を見ていたかったのに〜と思ったのもつかの間、

タロン・エジャトンの圧倒的な歌唱力と演技力に引き込まれる!分かってるけど悲惨な幼少期からの大成功を成し遂げるエルトンに、もう目が離せなくなってしまいました。

そして段々ちゃんと年老いてる感が出ているのがすごい。

エルトン・ジョンの悲惨な人生ばっかりにフォーカスされているので、途中、おえっとなりますがw

悲惨な人生から、現在の幸せそうな様子がエンドロールで流れて来て「良かったね、良かったね」と、涙腺崩壊でした。子役が激似!

衣装と70'sの雰囲気がとても可愛い。



誰も知らない誰も知らない

巣鴨子供置き去り事件を元して作られた作品。

こんなに切羽詰まっても、友達をなくしても、万引きだけはしない。汚いお金も受け取らない。無垢で尊い。

髪も、背も伸び、声も変わり、植物も成長する。このリアルさをつくり上げるためにどのくらい時間をかけたんだろう。

実際にこういう世界があったかと思うと、辛すぎて、嗚咽が出るほど泣いた。

観た後、何日か経っても余韻がひどく、トラウマに近いかもしれない。でも空気感があまりにも心地良くて、目が離せなかった。



夜更けバこんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話

ボランティアの方たちは、ボランティア・・?(無給)なのかしら。献身的に彼のわがままに応える皆さんの善意が驚異なほど素晴らしいものだったんだなぁと思います。

三浦春馬の切ない演技に地味に感動してしまいました。大泉洋はもちろん、高畑充希、萩原聖人、配役がとても良かった映画でした。

若干、鹿野に魅力を感じる美咲の気持ちが共感しにくい部分もありましたが、障害者でも夢を持って生きている部分と、親を突き放すことで介護漬けにさせないようにする鹿野の思いやりに涙が止まりませんでした。

愛しき実話なので、若干評価高め。

キスしてほしいで一緒に踊るうちの息子(3歳)。ブールハーツ最&高✌️



50回目50回目のファーストキス

前半は、コメディ。後半はただただ毎朝現実を突きつけられる瑠衣がせつない。

「博士の愛した数式」を思い出す。50回目のファーストキスはさらに恋愛要素が入ってるので、さらに切ない。

シリアスな設定を明るくしたくてこの配役になったとのこと。山田孝之がイケメンモテモテ設定なのが若干違和感くらいでどの役者さんたちも楽しい感じで好きでした。

コメディとシリアスのバランスが難しそうな映画でしたが、引き込まれました。

あと、山田孝之の英語がびっくりするぐらい聞き取りやすくて、上手!ハリウッドデビューしちゃえばいいのに!と思いました。さ。

エンドロールの日記で涙。




にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

aya_welcom at 11:47│Comments(0)clip!えいが。 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
::: Designer / Front End Developer :::