June 02, 2020

カメ止め、僕は骨、コンフィ、さよなら、名前、こども

映画れびゅー。再び。

カメ止めカメラを止めるな!

無名の監督と無名の俳優達が、低予算で作った映画が口コミで広がり、一発当ててしまった物凄い作品。

映画の可能性ってスゴイ。

一回観たら、二度みたいタイプの映画じゃないのに200万人以上の動員数。
夢がありますねえ〜

今や俳優さん達も、ほかのドラマで観るようになっちゃいましたね

最初つまらないけど、最後まで見ると面白いのよ。というネタバレをされてしまったせいで、楽しみ半減でしたが、とても良く出来た作りだと思いました。

あれだけの長回しをよく成功させたなぁ。

感心させられた映画でありました



僕は骨母を亡くした時、 僕は遺骨を食べたいと思った

私は死ぬ時、ピンピンコロリがいいかなって思ってたけど

宣告を受け、家族と充分な時間を過ごして、死の準備をして逝けるのは、幸せなことなのかもしれない。

やはり死ぬシーンは、泣けた。

お兄ちゃんが意外によい
前を見なくてもいい、向きを変えろ!

カレーの話で笑い転げてから、痙攣しちゃう倍賞美津子の演技力、すごい。

合成はいらなかったな



コンフィデンスコンフィデンスマンJP ロマンス編

大好き。

長澤まさみが特によき。

どんでん返しの後の、大どんでん返し。

スカッとしたい時にぜひご覧ください。
エンディング最後まで見てね❤️



さよならさよならくちびる

2人がとても可愛い。

タバコを吸う時、がんとして窓を開けない。

曲と曲の間のMCがよい。

ホームレスのマッサージが、全然気持ちよさそうじゃない。

さよならくちびるは、最後口ずさんでしまうほどキャッチーでいい曲だった

どこのバンドグループもこういう感じで解散して、何年後かにいい思い出となった頃に復活するんだろうな。

と思ったら!!帰ってきた😂

同性愛の設定は必要だったのかな



名前名前

不可解な前半。

バラバラになったピースが、パチンぱちんと綺麗にはまっていくように事が、明らかになって行く。

とても気持ちがよい。

演劇部で、何故にそこまでダメ出しされるのか分からない程度の演技が気になったが、その他はとてもよかった。

時々無音になるのも、効果的。

偶然に出会った、この2人の関係が続いて行くといいなと思ったけど、違うんだよね。「この人は違います」で、強い意志を感じた。



名前こどもしょくどう

ぐぐぐっと惹きつけ、見出したら止まらない。

泣ける

自分がこういう場面に接したら、ちゃんとした対応ができるのか考えてしまった。子供なりになんとかしようという優しさがリアル。

あとは想像してね。な最後に、「え?これで終わり!?」と声が出た。少し説明が足りない感じがした。



にほんブログ村 海外生活ブログ ロサンゼルス情報へ

aya_welcom at 14:14│Comments(0)clip!えいが。 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
::: Designer / Front End Developer :::