November 09, 2021

LAUSDのセミナー

学校問題1
越境チャレンジ
学校問題2
キンダーのセミナー
学校問題3
学校問題4
LAUSDのセミナー

---

日曜日の寝かしつけをしないといけない時間帯に、日本語でのLAUSDのセミナーがありました。4・5歳の子供のママには、がっつり寝かしつけの時間帯だったので参加出来なかった人もいたのではないでしょうか・・・。


聞けば聞くほど・・・なんとまぁ複雑な仕組み😨LAUSDよ・・。

今回の貴重なお話は、レコーディングしてあるみたいで、まとめて資料とともにどこかで閲覧可能にしてくれるとのことです😭Facebookかなにかのコミュニティで、「LAUDSについてわからないことを教え合う会」みたいなのも作りたいとのことでしたので、そちらもアナウンスがあったらご紹介しますね。

へーそうなんだーと思ったことリスト😅:
PDFに大事なことは書いてあるので参照。

・マグネットポイントの貯め方
12が、最高保有ポイント(と言われているがそれ以上保有している人もいる)らしく、ターゲットの学年に行きたいマグネット校を定めて、それを目指して貯めていく。

magnetpoint

Waitingポイント...わざと応募総数が多いのに、席がすくないみたいなところに応募する。(4ポイント)※失敗して受かるケースもある

ほかは、マイノリティの人種ポイント...4point
兄弟ポイント...3point
OVER CROWDED ポイント...4point(地元の人数が多すぎる
とかあるそうです。ややこしやー・・・

・ハイリーギフテッドの認定はIQテストを受ける。以前は合格値は99.9%以上だったが、少し下がったとのこと。(すみません、%を忘れてしまいました)

・ギフトティッドは、LAUSDで学科別にスコアが保存されていて、4月、5月頃に該当する場合レターが届く。

・スクールファインダーの見方
https://explorelausd.schoolmint.net/school-finder/home
学校の詳細ページではDemographic and Performance Dataの欄をみるといいみたいです

information_school

Districtのアベレージに対してどうなのかを見るとよいとのことでした

・学校のランキングの見方
https://www.schooldigger.com/
講師の方が薦められていたスクールのランキングサイトです

少し広告が多くて見にくいサイトなのですが、Cityなどで検索をかけると市で一番上のレベルの学校とか、後詳細で、test scoreで学年別のスコアなどもみるといいみたいです。
※rankingは、パーシャルギフティッドなどは全校生徒の中での平均になってしまうのでschool diggerの詳細でみるしかないみたいです

・イマージェンションスクールは、グレンデールがおすすめ。ただ英語をいつ覚えるの?という点が心配

・LAUSDに飛び級制度はない。私立はある

・LAUSDは、ランクの低い学校が多いが、チョイスが多い点がよい(SAS、ギフテッドなど)

・音楽・図工・体育もない学校もある
バザーとか寄付で集めたお金で外部から先生を呼んでいる。お金持ちの校区には全部あるところが多い。

てんこもりな講座過ぎて、記憶が・・・😅また、思い出した情報あったら、追記しますね

ほんとためになるzoom講座でした。徹夜までして情報まとめてくれたそろばん講師の杉下先生、ありがとうございました🙇‍♀️

最後にそろばんとピアノを薦めてくださって、まさに通い始めたばかりだったので、よしよしと少し優越感でした😆

---

教育支援団体TASKI、アメリカで子育てする日本人を応援するセミナー
www.taskila.org

アメリカでの子育てを応援するメルマガ発信中。個人的に教育相談なども受けております。
https://yukikoparenting.wixsite.com/website
とのことです。

aya_welcom at 13:03│Comments(0)clip!学校。 | 育児。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
プロフィール

あや。@ロス
出身地:鹿児島
生息地:カリフォルニア
続きを見る >>